セラピストの伝えたいこと


カラーアートセラピーで主に使うものは、

画用紙とクレヨンというシンプルな素材。

 

それは、いつでもどこでも使えるものだから・・・。

自分でやってみようと思ったときに、気軽にできるセラピーだから・・・。

特別な道具(ツール)は要りません。

 

クレヨンの魅力の一つは

「子どもの頃に帰ったような感覚」を思い出せることだと思います。

色を選んで、画用紙の上で思うままに手を動かせば、

自分のためだけのアートができあがります。

色を重ねたり、指でぼかしたり・・・ストレートに紙の上に伝わる感触・・・。

クレヨンの、何だか懐かしい「香り」も癒しに繋がるかもしれませんね。

 

一生懸命塗っていると、没頭して時間を忘れてしまいます。

最初は、戸惑いながら描く線も、枚数を重ねていくうちに段々とダイナミックに、

伸び伸びとしたストロークへ変化していきます。

何かが解き放たれていく感じを実感することでしょう。

「クレヨンで色を塗る」という単純なワークにも、きっと意味があるのです。

 

描きあがった絵を見ながら、お話をしましょう。

「話す」ということは「放す」ということに繋がっていきます。

「話す」ということは、ココロの中を整理して、外へ「放す」こと。

また、「話す」ことによって「気づく」こともよくあることです。

「自分が何を思っているのか」を知ることが大切なことだと思います。

それが分からないから、どうしていいのか分からない・・・という経験は誰にでもあることでしょう。

 

無意識に選んだ色に、

自分自身が描いた絵に、

「今の自分自身」を知るヒントがたくさんあるのです。

 

セラピスト(ファシリテータ:場の提供者)は、ただあなたのそばにいます。

こころんカラーのスペースで、少しでも気持ちが軽くなったり、

リラックスしたり、

リフレッシュしたり、

ワクワクしながら一歩踏み出せる気持ちになっていただければ、とても嬉しく思います。

 

軽いスイーツと飲み物を用意して、皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 

こころんカラー・セラピスト 栁瀨 理恵