アンコンシャスカラー(個人セッション)


アンコンシャスカラーは、色彩生理・心理研究家、故赤司直(1923年~1998年)先生の、無意識調査装置(1981年特許公開)36色をシステム化した手法を先生の遺志を受け継承し、色彩の持つ特性(内から外へ・外から内へ)の二面性を取り入れたカラーセラピー&カウンセリング手法です。この体験をされた多くの方々から簡単で便利なシステムと評価され、静かに日本は勿論、海外の人々から愛され続けております。

占いや性格判断ではありません。ここで判明するのは、あくまで<意識と体調>です。

 

(色彩生理心理研究会本部(有)イメージアップ・UNCONSCIOUS COLOR資料より)

http://image-up.net/index.html


まずは体験してみましょう

こころんカラーでも、この<アンコンシャスカラー>を体験できます。

 

カラーパレットから「今気になる色」を選ぶことから始まる<アンコンシャスカラー>セラピーは、絵を描くことが苦手と感じていらっしゃる方にもお気軽に体験していただけるカラーセラピーです。

これまでこの<アンコンシャスカラー>を体験された皆様からは、

「え、どうして分かるんですか?」

「そんなことも選ぶ色に表れるんですね!」

と驚きのご感想をいただいています。

 

また、色を選ぶことにより、その時の意識や体調(無意識や、自分でも気づいていなかった体調)にフォーカスすることができます。

「今の自分を知る」ことで、受け容れることもでき、対処することも、許すこともできるのです。

 

アンコンシャスカラー体験:お試しセッション 1,000円(全所要時間30分程度)

アートセラピーと組み合わせることにより、さらに深い気づきへと繋がります。

 

アンコンシャスカラーセラピー+色彩心理アートセラピー 個人セッション 3,000円(全所要時間90分程度)